【FAQ】Dropbox公開URL変換ツールの使い方

はちわれ猫ツールのFAQ

FAQ

これは何?

Dropboxに保存してある画像を、単体表示させたり、Webサイトに埋め込んだりするツールです。

 

 

制作背景

Dropboxの「共有リンク機能」は上限に余裕がある嬉しいサービスです。

「無効リンク:共有リンクまたはファイル リクエストが機能しない」エラーを解決する
リンクのトラフィックが Dropbox のバンド幅制限を超えたために、無効となっています。無効リンクを防止、解決する方法をご覧ください。

しかし、肝心の使い勝手イマイチな印象を持っていました。

 

実際にためしてみましょう。

Dropboxにログイン後、共有したい画像を選んで「リンクをコピー」

 

アクセスすれは画像が表示できる「共有URL」が自動発行されます。

非常に簡単です。

 

 

それでは「共有URL」をブラウザで開いてみます。

早速、Dropboxログインを求められました。。※「×」でスキップする事は可能です。

 

更に共有したファイルは、Dropbox上での表示される事になります。

ファイルに対しての投稿機能もある為、不特定多数のユーザーへ向けて公開する場合には極めて不向きです。

受け取り相手もDropboxユーザーでない場合、戸惑う可能が高いでしょう。

画像を単体表示するには?

懸念材料は画像がDropboxUIで表示されてしまう事でした。

解決方法は「画像を単体表示」する事です。

URLを変更すると画像に直接アクセス可能です。

 

元のURL(DropboxUI表示)

https://www.dropbox.com/s/●●●/test.png?dl=0

↓↓↓

URL変更後(単体表示)

https://www.dl.dropboxusercontent.com/s/●●●/test.png

 

※変更は2箇所

  1. dropbox.com → dl.dropboxusercontent.com
  2. ?dl=0 → 削除

 

URL変更後は単体の画像として機能します。<img>タグに組み込めばHTML表示も可能です。

 

外部ツール無しでURLの変更作業を行うのは地味に手間です。
本ツールでは、このURLの変更作業を自動化できるのです。

TOOLの使い方

1.共有リンクを貼り付け

テキストエリアにDropboxの「共有リンクURL」をはりつけましょう。

【共有リンクURL例】

https://www.dropbox.com/s/●●●/test.png?dl=0

 

※改行すると複数のURLをまとめて一度に処理できます。

 

2.選択

目的の変換形式を選んでから、選択ボタン。

url変換

画像を単体表示するURLに変換します。

変換例:https://www.dl.dropboxusercontent.com/s/●●●/test.png

 

imgタグに変換

画像を単体表示するURLに変換し、更にimgタグに組み込みます。

変換例:<img src=”https://www.dl.dropboxusercontent.com/s/●●●/test.png” alt=””>
良かったシェアしてください!